bet36体育投注_bet36体育备用网址-【官网认证】

图片

豊田工業大学

サイトマップ

文字サイズ 標準

訪問者別

MENU

主要な研究プロジェクト一覧

時代を見つめ、世界をリードする。 ここは、次の最先端が生まれる「現場」。

本学の研究プロジェクトは、文部科学省などの公的機関が高等教育の活性化や国際競争力のある大学づくりのために行う支援事業に複数採択されています。国から選ばれた最先端の研究の成果が、世界の工学の進歩をリードし、ひいては社会生活の向上?発展につながっています。

文部科学省 「ナノテクノロジープラットフォーム事業」

文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム事業」は、ナノテクノロジーに関わる最先端の研究設備とその活用のノウハウを有する機関が、緊密に連携して全国的な「ナノテクノロジーのプラットフォーム(研究基盤)」を構築することにより、産学官の多様な利用者による共同利用を促進し、個々の利用者に対して問題解決への最短アプローチを提供するとともに、産学官連携や異分野融合を推進するものです。

微細加工ナノプラットフォームコンソーシアム

トンネル顕微鏡用ナノ短針

トンネル顕微鏡用ナノ短針(ユニソク社への支援)

2012年度選定 センター長:佐々木実 教授

ナノテクノロジーに関わる最先端の研究設備とその活用のノウハウを有する機関が連携して全国的なナノテクノロジーの研究基盤(プラットフォーム)を構築しました。この組織では、微細加工装置群の共同利用が可能で、学内外の研究者の研究の推進に資するとともに、異分野融合も進めます。

国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
戦略的創造研究推進事業(CREST)

異常電子熱電導度と異常格子熱電導度の制御

本研究で作成したCu2Seの外観写真
(左図)世界最高性能を達成した熱ダイオードを構成する材料の熱伝導度と(右図)熱流測定装置の外観

2018年度開始 研究代表者:竹内恒博 教授

本研究では、非調和振動などに起因する異常格子熱伝導度や、微細電子構造などに起因する異常電子熱伝導度の制御指針を確立し、熱スイッチ素子に代表される革新的な熱利用デバイスの開発を目指しています。

超短赤外パルス光源を用いた顕微イメージング装置の開発と生命科学への応用

100μm フェムト秒赤外線パルスレーザー増幅器
フェムト秒赤外線パルスレーザー増幅器

2017年度開始 研究代表者:藤貴夫 教授


数フェムト秒(10-15秒)という極限的に短い幅の赤外線パルスを使ったイメージング装置の開発を進めます。特に、生体分子や生細胞、生きた動物について、非破壊でリアルタイムに計測する手法を確立することを目指します。※藤貴夫 教授は2019年4月本学に着任

国立研究開発法人 新エネルギー?産業技術総合開発機構(NEDO)

「太陽光発電主力電源化推進技術開発」
太陽光発電の新市場創造技術開発 移動体用太陽電池の研究開発

前プロジェクトにおいて確立した高効率シリコンヘテロ接合セル標準試作プロセスと試作ラインを活用してボトムセル用シリコンヘテロ接合セルを開発する
高効率シリコンヘテロ接合セル標準試作プロセスと試作ラインを活用

2020年度開始 研究代表者:大下祥雄 教授

変換効率35%以上の多接合曲面モジュールを開発し、広く一般の電動自動車に搭載されるための技術開発として、超高効率、低コストを実現できる結晶シリコンとⅢ-Ⅴ族化合物半導体太陽電池モジュールの研究開発を目指しています。

bet36体育投注_bet36体育备用网址-【官网认证】

豊田工業大学 研究支援部研究協力グループ

[電話]052-809-1723
[E-mail]research★toyota-ti.ac.jp (★を@に変更してください)